旅行会社・MICE主催者の皆様(事業者様向けページ)

日本新三大夜景都市

2018年、北九州市は「日本新三大夜景都市」に認定されました!!

 

 北九州市は、「皿倉山」や「高塔山」「足立公園」「門司港レトロ展望室」「小倉イルミネーション」「戸畑祇園大山笠」「和布刈公園第二展望台」と7つもの「日本夜景遺産」があり、また、ものづくりの街を象徴する「工場夜景」を船から楽しむ「夜景観賞クルーズ」も好調で、このような夜景観光資源の豊富さなどから、2018年に、札幌市や長崎市とともに「日本新三大夜景都市」に認定されました。
 

 また、同じ年の12月からは「若戸大橋」のライトアップも始まり、小倉城周辺や門司港レトロ地区の更なるライトアップの整備も進むなど、ますます魅力ある夜景が出現しています。

 ぜひ皆様も、北九州市内の様々な夜景スポットを訪れてみてください!!

 

※「和布刈公園第二展望台」は2020年7月に「日本夜景遺産」に認定。

※日本新三大夜景都市とは

 (一社)夜景観光コンベンション・ビューローが、国内外の夜景観光活性化を目指して全国約5,500人の夜景観賞士による投票を実施し、投票された各夜景スポットを都市別に分類し、集計結果から上位三都市を『日本新三大夜景都市』と認定しています。

皿倉山

国内屈指の夜景の名所。標高622mの山頂には、ケーブルカー、スロープカーを乗り継いで約10分で登ることができます。展望台からの視野角200度を超える眺めは「100億ドルの夜景」と称されています。

View More >

若戸大橋

日本の長大吊橋の先駆けとなった若松区と戸畑区を結ぶ深紅の吊橋。全長627m、高さ84.2m。かつては東洋一の夢の大吊橋と言われ、1962年の建設以来、今なお圧倒的な存在感で街のシンボルとなっています。
2018年12月より、ライトアップ開始。

View More >

高塔山公園

標高124mの展望台からは、洞海湾にかかる雄大な若戸大橋や八幡から戸畑、小倉までの工場群などが一望に広がります。展望台は2階建てとなっており、雨天でも夜景観賞を楽しめます。

View More >

門司港レトロ展望室

高さ103mから門司港レトロ、関門海峡を一望できる絶景ポイント!

View More >

小倉城

1602年築城。「唐造り」の天守閣、「野面積み」の石垣が特徴的で、陸海の要として栄えた小倉の面影を残す名城。

View More >

 

 

 

この他にも、北九州市にはたくさんの夜景スポットがあります!

工場夜景も魅力的ですので、そちらもぜひお楽しみください!!

 北九州工場夜景(外部リンク):http://sangyokanko.com/kojyouyakei/