海御前の碑(あまごぜのひ)

門司港レトロエリア 歴史・史跡 / 観る・遊ぶ
戦いに敗れた平家一門の 悲しい伝説が語り継がれる地

平安時代末期に起きた源家と平家による源平合戦の際、門司区大積の浜に打ち上げられた平教経(たいらののりつね)の奥方の遺体を里人が葬り、碑を建立したと伝えられる場所。この戦いの際、多くの平家一門が亡くなり、海底に沈んだ武士は平家ガニに、女官たちはカッパに化身したといわれています。海御前とはそのカッパの総大将のことです。春になるとカッパ群は、各地の池や川に散って源氏の子孫を悩ましていたなど、悲しい伝説が残っています。

住所北九州市門司区大積1272

マップ

Map

周辺の観光スポット

Nearby Attractions
  • イラストレーター 黒田 征太郎 氏

  • 平山観音院

  • 対岸 下関

  • 風師山