門司赤煉瓦プレイス

門司港レトロエリア 歴史・史跡 / 観る・遊ぶ

赤いレンガが印象的な建物群は、明治45年に建てられた「帝国麦酒株式会社」の工場施設。

大正2年4月に醸造を開始し、7月に「サクラビール」を発表してビール業界への参入を果たした。

以降「桜麦酒」「大日本麦酒」「日本麦酒」と社名が変更され、平成12(2000)年まではサッポロビール九州工場として、門司の産業を支え続けてきた。

87年間のビール製造の歴史に幕を閉じたあとは、数々の飲食店やギャラリーがオープン。

観光スポットやイベント会場として親しまれているほか、テレビや映画の撮影舞台としても利用されている。

なかでもCafé de Briqueは、醸造所のレンガ壁やドイツ製ビール樽・醸造樽を生かした内装で、おしゃれなティータイムを過ごせる。

住所北九州市門司区大里本町 3-11-1
営業時間【門司麦酒煉瓦館】9:00~17:00
URLhttp://mojirenga.jp
定休日【門司麦酒煉瓦館】12月29日~1月3日
電話番号門司麦酒煉瓦館 093-382-1717
門司赤煉瓦倶楽部 093-372-0962
料金【門司麦酒煉瓦館】
大人100円、中学生以下50円
アクセスJR門司駅より徒歩約3分
車:北九州都市高速大里出口より約5分

マップ

Map

周辺の観光スポット

Nearby Attractions
  • 和布刈公園

  • 門司港駅

  • 門司港レトロ地区

  • 巌流島