旅行会社・MICE主催者の皆様(事業者様向けページ)

北九州市 平和のまちミュージアム

北九州市であった出来事(=事実)を伝える「北九州市 平和のまちミュージアム」

最新映像と音響システムで鮮明に蘇る北九州の歴史

令和4年4月19日に誕生した「北九州市 平和のまちミュージアム」。活気にあふれた戦前の明治後期から、八幡の大空襲をはじめとする戦争について、復興へと歩み5市合併に至るまで、北九州が歩んだ歴史を知ることができます。子供たちに平和の大切さや命の尊さについて考えるきっかけを与えてくれる貴重な施設です。

実物資料と最新設備を活用した重要な過去を心に刻む

「戦前の北九州」。明治後期から昭和戦前までの北九州の繁栄をパネルやデジタル映像で見る

展示コーナーは4つに分けられ、「戦前の北九州」ゾーンからスタートします。合併前の旧5市の特色や当時の暮らしぶりなどを紹介。パネルやプロジェクションマッピングを活用した展示で分かりやすく学べます。また、自身の顔を映像に映し出す「変身コーナー」なども設置。

大正時代の街並みを再現したフォトスポット。自身の顔をはめ込んで撮影できるデジタルな設備も必見だ

戦争がはじまり、人々の暮らしも激変

戦争と共にあった人々の悲痛な想いも知ることができる「戦争と市民の暮らし」

小倉で作られていた風船爆弾の7分の1模型が印象的な2つ目のゾーン。戦争と隣り合わせだった、当時を知る市民の貴重な声を映像で公開するほか、実物資料や写真を通して当時の市民の暮らしぶりを実感することができます。

戦時中の暮らしを再現した部屋も設置。防空頭巾や鉄かぶと、精米に使われた一升瓶(瓶づき)といった子供たちが見たことのない道具が置かれ、実際に触れられるのも当時を知る重要な体験です。

北九州市民の暮らしを見て、触って実感。陶器製の湯たんぽなど、金属類回収令が出ていた戦時中ならではの道具も展示

貴重な資料と大シアターで、広がりをみせる戦争被害を伝える

街を襲った焼夷弾の実物大の複製を展示。中に重さ約2kgの焼夷弾が無数に仕込まれ、街を焼き払った

3つ目のゾーンは「広がる戦争と空襲」をテーマに、市民を襲う被害や空襲にまつわる資料が公開されています。実物サイズの焼夷弾があり、実際に持つことができます。その重さを知ると、空襲で無数の焼夷弾が空から降り注いだ当時の悲惨さ、凄惨さをより実感できます。

同館の目玉コンテンツとして用意するダイナミックな360度シアターもこのゾーンに完備。昭和20年8月8日の八幡大空襲、原爆搭載の爆撃機が小倉上空を飛来した後、長崎に向かった翌9日の出来事を、迫力のある大画面とサウンドで追体験できます。

360度シアター。臨場感あふれる映像で運命の日を学べる
4つ目のゾーン「終戦の混乱と戦後復興」では戦後復興から5市合併で北九州市が誕生するまでを紹介。最後は来館者の感じたことを書いて平和の樹を完成させる
長崎に投下された原爆の第一目標だった「小倉陸軍造兵廠」跡地に建ち、平和の大切さを伝える

北九州市 平和のまちミュージアム

福岡県北九州市小倉北区城内4-10
093-592-9300
https://www.kitakyushu-peacemuseum.jp/