旅行会社・MICE主催者の皆様(事業者様向けページ)
①弁財天上陸場
②若松南海岸物揚場
③出入船舶見張り所跡
④測量基準点
⑤東海岸通護岸
⑥東海岸係船護岸

【選奨土木遺産】若松港築港関連施設群

若戸エリア 歴史・史跡 / 観る・遊ぶ

かつて日本一の石炭積出港として栄えた若松港。

大量の石炭を運ぶためには大型船による輸送が必要であったが、当時の洞海湾は干潮時にはほとんど地盤が露出する遠浅の海であったため、大型船も入港できるよう港内の浚渫や石炭の積出岸壁の整備などを行ったのが若松港築港事業。

このときの若松築港の歴史を今も伝える6つの施設が、(公社)土木学会から「選奨土木遺産」として認定された。

 

同事業により、若松港から積み出される石炭の量は国内シェアの約50%を占めるようになり、明治から大正、昭和にかけての日本の重化学工業の発展や日本の経済成長を支えることとなった。

また、この事業のために設立された「若松築港会社」には、日本資本主義の父「渋沢栄一」が株主と相談役になっており、「約2500トン級の汽船でも若松港に自由に出入りできるようになったのは、もとはと言えば渋沢氏の後援があったからである」と語られている。

なお、当時の開発事業の様子や歴史については、同じエリアにある「わかちく史料館」でも見ることができる。

また、こちらのHP(北九州港HP)でも若松港築港関連施設群の詳しい情報を確認することができる。

 

【選奨土木遺産】若松港築港関連施設群リーフレット

 

 

 

住所(わかちく史料館)北九州市若松区浜町1-4-7
営業時間(わかちく史料館)10:00~16:00
URL(わかちく史料館HP)https://www.wakachiku.co.jp/shiryo/index.html
(北九州港HP)http://www.kitaqport.or.jp/jap/topics/20191105_nintei.html
定休日(わかちく史料館)毎週月曜、祝祭日、年末年始
電話番号(わかちく史料館)093-752-1707
料金(わかちく史料館)無料
アクセス(わかちく史料館)JR若松駅より徒歩15分、若松渡船場より徒歩5分

マップ

Map

周辺のグルメ

Surrounding Gourmet

周辺の観光スポット

Nearby Attractions
  • ニッスイパイオニア館

  • わかちく史料館

  • 高塔山公園

  • 仙凡荘