Event Information

企画展「鷗外の小倉時代」

森鷗外(1862-1922)は、1899(明治32)年から1902(明治35)年まで陸軍第十二師団軍医部長として小倉に滞在しました。令和4年は鷗外が小倉を離れて120年目、また、生誕160年、没後100年を数える節目の年です。

鷗外は小倉滞在中に小説は執筆していないものの、軍務の傍ら、新聞・雑誌への寄稿、講演、翻訳などを行いました。公務で九州各地を訪れた際には、史跡や神社仏閣へ足を運びました。

本展では、小倉滞在中に執筆された貴重な原稿と、小倉時代の記録を綴った「小倉日記附録」を紹介します。

チラシ
住所北九州市小倉北区城内4番1号
開催日時2022/11/23 〜 2022/12/25
9:30~18:00(入館は17:30まで)
会場北九州市立文学館 1階企画展示室
URLhttps://www.kitakyushucity-bungakukan.jp/exhibition/6233.html
料金一般240円・中高生120円・小学生60円
お問い合わせ先北九州市立文学館 093-571-1505
備考休館日:毎週月曜日