森鷗外旧居

小倉都心部エリア 歴史・史跡 / 観る・遊ぶ

【お知らせ】

市内における新型コロナウイルスの感染状況等を踏まえ、5/28~6/18まで臨時休館します。

 

明治の文豪として名高い森鴎外が、旧陸軍第12師団軍医部長として小倉に赴任してきた時に住んでいた。

明治30年頃に建てられた六間から成る日本家屋で、森鴎外は主に八畳の座敷と南側に続く四畳半の小座敷を使っていたといわれている。

現在は通り土間が資料閲覧スペースになっていて、年譜や貴重な関連資料が展示されている。

小説「鶏」では、この住宅の様子が描かれている。

 

住所北九州市小倉北区鍛冶町1-7-2
営業時間10:00〜16:30
定休日月曜(祝日の場合は翌日も休館)、祝日、年末年始
電話番号093-531-1604
料金無料
アクセスJR小倉駅から徒歩約10分
車:北九州都市高速足立出口より約15分

マップ

Map

周辺の観光スポット

Nearby Attractions
  • 北九州市立文学館

  • 櫓山荘公園

  • 到津の森公園

  • 北九州市立子ども図書館