春吉の眼鏡橋(はるよしのめがねばし)

平尾台・合馬エリア 歴史・史跡 / 自然・景勝地 / 観る・遊ぶ

小倉南区春吉の紫川上流に大正8年(1919)3月に完成した石造二連アーチ橋である。春吉の渡上(わたりあがり)地区にあったので旧名を渡上橋と称していた。それまでは板を渡しただけの簡単な橋であったが、大正6年6月、子守の女の子が転落死したことから、春吉の人々が寄付を出し合って建設した。橋のたもとの石碑には、春吉58人の寄付者名と寄付金額、石工の名前などが刻まれている。石材にはひん岩、輝緑凝灰石など紫川の石が使用されている。高欄は建設当時にはなく、大正末頃に作られたという。

住所北九州市小倉南区大字春吉397番7番地先
URLhttps://www.city.kitakyushu.lg.jp/shimin/02100260.html

周辺のグルメ

Surrounding Gourmet

周辺の観光スポット

Nearby Attractions
  • ソラランド平尾台(平尾台自然の郷)

  • 合馬竹林公園

  • 山田緑地

  • 花農丘公園(北九州市立総合農事センター)