(日本語) 孫次凧

ของที่ระลึก / ซื้อ / ขายของที่ระลึก

(日本語)

骨組み作りから絵付けまでひとつひとつ手作業で作られた、戸畑区を代表する郷土玩具。明治時代に初代の竹内孫次さんが作った凧がよく揚がると評判となり、孫次凧(まごじだこ)と呼ばれるようになりました。現在は孫の竹内義博さん、日出子さんが継承しています。和紙、竹、綿糸、紅、墨など厳選された材料を使い、セミやふぐなど愛らしく独創的な形と色彩が特徴です。正月飾りやインテリア、お土産品としても人気を集める創作凧です。

(カイトハウスまごじ)