(日本語) 磯崎新氏設計の建築物を巡る Model Course

(日本語) 世界的建築家、磯崎新氏が設計した北九州市内にある建築物を巡ります

所要時間:約3時間30分

  • START : (日本語) JR小倉駅バスセンター

  • バス:約30分

  • 01. (日本語) 七条バス停

    (日本語) 七条バス停下車、美術館行シャトルバス乗り換え(30分おき運行)

    View More >

  • バス:約5分

  • 02. 北九州市立美術館(本館)

    (日本語)

    1974年竣工、世界的な建築家・磯崎新氏が設計した美術館。

    双眼鏡の鏡筒のような、ユニークな外観が印象的だ。

    1998年には公共建築百選に選出された。

    建物は市街を見渡せる丘陵に建ち、敷地内の展望デッキは市街地が一望できる市内有数の絶景スポットだ。

    また周辺には散策に最適な遊歩道を整備した「美術の森公園」があり、園内は彫刻や野外展示場などを設置し、散歩しながら自然と芸術を満喫できる。

    近年は、映画のロケ地としても有名で映画「デスノート」「図書館戦争」の撮影が行われた。

    View More >

  • バス:約5分

  • 03. (日本語) 七条バス停

    (日本語) 西鉄バス 砂津行き乗車

    View More >

  • バス:約20分

  • 04. (日本語) 西小倉駅前

    (日本語) 清張通り経由

    View More >

  • 徒歩:約9分

  • 05. 中央図書館

    (日本語)

    日本を代表する建築家・磯崎新氏の設計により1975年に開館した図書館。

    磯崎建築ならではのカーブを多用した外観・内観が特徴的で、映画「図書館戦争」のロケにも使われた。

    館内に踏み込むと、大きく湾曲した梁が支えているアーチ型の天井に目を奪われる。

    文学館や視聴覚センターも併設されゆっくりと読書に浸れる空間となっている。

    View More >

  • バス:約5分

  • 06. (日本語) 小倉駅バスセンター

  • 徒歩:約10分

  • 07. 西日本総合展示場

    (日本語)

    JR小倉駅北口から徒歩5分と、アクセスも便利な展示場。

    パーテーションで区切ることができる巨大な無柱空間は、本館は7000㎡、新館は8000㎡。ゲームショーやキャラクターショーなどの各種エンターテインメントをはじめ、見本市、展示会、雑貨市、フェア、フリーマーケットといった、多彩な大規模イベントが開催されている。

    また、AIM3階にも展示場・会議室を擁する。

    イベントによっては、本館と新館の間に出店が出ることもあり、多くの来場者でにぎわっている。

    View More >

  • 徒歩:約1分

  • 08. 北九州国際会議場

    (日本語)

    JR小倉駅北口からすぐの「国際コンベンションゾーン」の中核となる施設。

    船のブリッジや大波をイメージした斬新な建物は、世界で活躍する日本人建築家の一人、磯崎新氏のデザイン。

    海に面した壁面は総ガラス張りで、海洋の景色を取り入れた開放的な空間を作り出している。

    メインホール、国際会議室には4か国語同時通訳装置を完備。

    国際規模の会議や、学会が実施され、中小会議室では企業イベント、市民イベントなども開催されている。

    館内にはオーシャンビューが楽しめるレストランもあり、レストランのみの利用もできる。

    View More >

  • 徒歩:約10分

  • GOAL : (日本語) JR小倉駅