小倉日記

お土産 / 買う・土産

明治の文豪として知られる森鴎外が、明治32年に軍医部長として小倉に赴任していた時代を記した「小倉日記」。その作品にちなみ、在りし日の鷗外を偲び、ドイツ菓子をモチーフにしたミニバウムクーヘンです。たっぷりのクリームが詰まった素朴な味わいのバウムクーヘンは、北九州を代表する銘菓のひとつです。