(日本語) くろがね堅パン

기념품 / 쇼핑/ 기념품

(日本語)

官営八幡製鐵所から生まれた伝統の北九州銘菓。「くろがね」とは鉄を意味し、くろがね羊羹とともに大正時代に製鐵所の従業員の栄養補助のために作られました。水分を極力抑えた鉄のような堅さと、噛むほどに広がる優しい甘さが特徴。牛乳やコーヒーに浸すと食べやすく、また、子どもの顎の発育や歯固めとして、非常食・保存食としても親しまれています。