COME ON KANMON TOP

Language

JR門司港駅 洗面所

JR門司港駅 洗面所

モダンなデザインが映える レトロな駅舎の洗面所

観る・遊ぶ・体験する 門司港エリア

1891年、九州鉄道の起点の駅として開設され、1914年に現在の地に建てられた「門司港駅」。レトロな雰囲気が光る中で、最も建設当時の佇まいを色濃く残しているのが、洗面所まわりです。

大理石とタイル張りの洗面所は、蒸気機関車が走っていた頃、機関車の煙で真っ黒になった手や顔を洗っていたため、トイレとは別に洗い場として設置されています。

洗面所の前には、海外旅行者、終戦後の復員や引き揚げの人々が安堵して喉を潤したことから「帰り水」と呼ばれる現役の蛇口も。

トイレにある、手を洗うための青銅製の手水鉢(ちょうずばち)は、戦時中の貴金属供出からまぬがれ、今も鋳造時の形のまま残ることから「幸運の手水鉢」と呼ばれ、重厚感のある造りが目を引きます。

住所 北九州市門司区西海岸1-5-31
交通 JR門司港駅徒歩すぐ
備考 ※現在門司港駅駅舎は大規模保存修理工事中です。
(列車は通常通り運行しており、トイレ、洗面所はご利用いただけます。)
工事期間:〜2019年(予定)
マップが表示されない場合は、ブラウザのJavascriptが有効になっているかどうかお確かめ下さい。
一覧に戻る