COME ON KANMON TOP

Language

高浜虚子の句碑

高浜虚子の句碑

門司の歴史と美を謳った句で知られる高浜虚子の碑

観る・遊ぶ・体験する 門司港エリア

明治から昭和初期にかけて活躍した俳人・高浜虚子(1874年2月22日〜1959年4月8日)の代表句を記した碑。

1956年、九州最北端に位置し、約1800年もの歴史を有する「和布刈(めかり)神社」の境内に建てられました。

高浜虚子はたびたび北九州市を訪れ、門司についての句も詠んでいることから、句碑がこの地に設置されることに。

碑には、1941年に詠んだ句《夏潮の今退く平家亡ぶ時も(なつしおのいまひくへいけほろぶときも)》が刻まれています。

住所 北九州市門司区門司3492 和布刈神社内
交通 北九州銀行レトロライン潮風号「関門海峡めかり駅」より徒歩約7分
マップが表示されない場合は、ブラウザのJavascriptが有効になっているかどうかお確かめ下さい。
一覧に戻る