COME ON KANMON TOP

Language

三宜楼 (さんきろう)

三宜楼 (さんきろう)

門司港の栄華を物語る 贅を尽くした美しき料亭

観る・遊ぶ・体験する 門司港エリア

1931年に建てられ、現存する木造3階建ての料亭の建屋としては九州最大級。

門司に支店を置く大手企業や銀行の社交場として使用され、多くの著名人や文化人が通っていました。

一度は廃業したものの、2014年に地元の支援を受けて約50年ぶりに営業を再開しました。

創業当時に踊りや能が披露されていた百畳間という大広間や、部屋ごとに異なる細やかな意匠など、随所に贅が尽くされ、門司港の繁栄ぶりを窺い知ることができます。

1階には当時の三宜楼を紹介する展示室もあります。

また、館内には「三宜楼茶寮」があり、昼と夜(完全予約制)ともに本格的なふぐ料理を堪能できます。

住所 北九州市門司区清滝3-6-8
交通 JR門司港駅より徒歩約8分
電話番号 三宜楼(館内見学、百畳間利用受付)093-321-2653
三宜楼茶寮 093-321-2651
HP http://www.mojiko.info/3kanko/sankiro/
三宜楼茶寮 http://www.shunpanro.com/location/sankirou/
営業時間 見学10:00〜17:00 
※三宜楼茶寮11:30〜15:00(OS14:00)、17:00〜21:00(完全予約制)
休業日 月曜日
※祝日の場合翌日休み
マップが表示されない場合は、ブラウザのJavascriptが有効になっているかどうかお確かめ下さい。
一覧に戻る