(日本語) 企救焼(きくやき)

纪念品 / 购买 纪念品

(日本語)

渋みのある緑青が特徴の小倉北区の窯元。上野焼14代窯元の四男だった初代光峰さんが、昭和31年に篠崎八幡宮近くの高台に築窯した企救焼。その技術と伝統を現在は2代目、3代目が受け継いでいます。長年にわたり研究された緑釉(りょくゆう)の鮮やかさと優美さは、地元はもとより、茶道家や愛陶家などに愛されています。