COME ON KANMON TOP

Language

林芙美子生誕地記念文学碑

林芙美子生誕地記念文学碑

名作『放浪記』で知られる 女性作家の生誕地

観る・遊ぶ・体験する その他北九州市内

門司区小森江で生まれた小説家・林芙美子(1903年12月31日〜1951年6月28日)。自らの放浪生活を書き綴った『放浪記』を筆頭に、数多くの人気作を生み出しました。1974年に出生地のほど近くに、「林芙美子生誕地記念文学碑」を建設。碑には、『掌草紙』の詩が刻まれています。命日にあたる6月28日に近い日曜日には、林芙美子忌の集いが毎年開催。また、JR門司港駅近くの「旧門司三井倶楽部」には「林芙美子資料館」があります。

住所 北九州市門司区羽山2-12 小森江浄水場付近
交通 JR門司駅より徒歩約15分
マップが表示されない場合は、ブラウザのJavascriptが有効になっているかどうかお確かめ下さい。
一覧に戻る